賢威の評価や感想など

アクセスは順調に伸びている

2015年の1月に賢威を導入してから3ヶ月ちょっとが経ちました。 ジャンルやキーワード選びをまともにやっていない、このブログも含めてアクセス推移を振り返ってみます。

※データーは検索経由のユニークユーザー

※どのサイトも外部リンクはほとんどありません。

1.この備忘録ブログ

2015y04m29d_233120400

スポンサーリンク

はい!全然アクセスないですね。 そもそもこのブログは自分のモチベーションの維持と備忘録としての機能を目的としていますのでこんなもんです。 いくら賢威でも導入しただけでは何も起こりません。

2.FC2から独自ドメインに移行した旧トレンドブログ

 

2015y04m29d_233755651

このブログはもともとSNSでバズらせてアクセス稼いでいたブログなので、最初の頃は滅茶苦茶アクセスが安定していないんですが、トレンドサイトで収益拡大は難しいと踏んで資産型に移行。

2月以降はトレンドネタを扱うのをやめています。 記事の更新頻度もこの通りです。 2015y04m29d_233857453

資産型に切り替えるにあたりSNSでの拡散もやめたのですが、平常時のユニークアクセスはむしろ増えています。

月に1~2回しか更新してないんですけどね。 賢威を導入してからH2タグが設定出来るようになったので、それだけは見直しました。

3.ニッチな趣味のブログ

2015y04m29d_234938761

このブログはちゃんとキーワードの選定をやっていますので、賢威導入以降はモリモリとユニークアクセスが伸びていますね。 途中で大きな谷が2箇所ありますが、これはアナリティクスのプラグインの不調で計測が出来ない時間帯が存在した為です。

4.暇つぶししたい人の為のブログ

2015y04m29d_235437679

このブログも比較的とニッチなカテゴリーを狙っています。 12月までは記事数を増やそうと文字数の少ない記事を量産していましたが、スタイルと変更して年明け以降月に3~4記事を1000文字程度で書いています。 こちらのブログも順調にアクセスが伸びています。

スポンサーリンク
5.サブディレクトリ型の専門サイト

1月からアフィリエイト用にサブディレクトリ型のパワーサイトの構築に取り組んでいますが、これがかなりヒットしています。 親サイトはほとんど子サイトへのリンクだけで構成されていますので、子サイトのみ公開します。

子サイト1

1月末の立ち上げですが、1ヶ月後にバビューンとアクセスが上昇し始めています。

2015y04m30d_000139153

3ヶ月目はモリモリ伸びていますね。

 

子サイト2

このサイトは3月上旬の立ち上げですが、サブディレクトリ型の恩恵を受けてのっけからモリモリとアクセスを伸ばしています。

 

2015y04m30d_001150622 子サイト3

このサイトは4月中旬の立ち上げですが、既に10日目にして検索エンジンから70~80のアクセスが来ています。

2015y04m30d_001651213

 

グーグルハネムーンではないかという話もありますが、サブディレクトリ型ですし、ハネムーンではなく地力だと思います。 このブログだけは別なんですが、他のサイトは順調にアクセスを伸ばしています。

賢威は高くないと思う理由

私は昨年の9月ごろから本格的にアドセンスの収益を上げてネットの世界で独立を目指そうと考えるようになりました。 それまでは趣味としてブログを断続的に2年ほど運営していたのですが、サラリーマンとしての生き方に疑問と限界を感じ、独立を目指そうと考えたのです。

ブログを運営している目的が将来的な独立ですから、2万円そこそこの価格など微々たる物、因みに趣味でアドセンスを貼っていて、それまでに数万円の収益もありましたので、全く迷いはしなかったのですが、賢威なしでの実績を半年程度見てみたかったので導入を遅らせた次第です。

最初から高くないと思っていた上に、1月には1万円程度だったアドセンスの収益が4月は3万円オーバー、プラスで物販アフィリエイトも始めた為に合わせて10万円に届く勢いになっています。

記事数50程度、ドメインエイジが4ヶ月程度のブログでも、魂を込めた記事(←ココ大事)で狙ったキーワードで見事に検索1位を取れるようになりました。 コンテンツ重視のサイト運営をやりたいので、正直SEOとか対策している暇もないんですよ。

バックリンク?何それ?状態ですが、コンテンツをしっかり作りこみ、後は賢威一つでここまで実績が出せています。

なぜ権威を導入したのか?それは自分自身を納得させる為、「最高のSEOテンプレートを使っているのだから、コンテンツ作りに専念せよ」という自分に対しての縛りを作る為です。 コンテンツ重視のサイト運営をしている人にこそ最適なテンプレートですね。


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ