プラグインGoogle XML Sitemapsの有効化

WordPressでブログを運営するに当たり、いくつか必須のプラグインがあります。

Google XML Sitemapsはそのうちの一つで、サイトマップを自動で生成してGoogle検索エンジンに送信します。

■Google XML Sitemapsの有効化

おそらくWordPressを新規でインストールした時点で最初から入っていると思いますが、ワードプレスの管理メニューで「参加サイト」⇒「サイトネットワーク管理者」⇒「プラグイン」をクリックすると、インストールされている全てのプラグインが確認出来ます。

2014y12m20d_214848736

スポンサーリンク

Google XML Sitemapsがあれば「ネットワークで有効化」をクリックし、無ければ上部のプラグイン「新規追加」をクリックします。

検索ボックスに「Google XML Sitemaps」と入力し、インストールしたらネットワークで有効化します。

スポンサーリンク

■Google XML Sitemapsの設定

次に個別のサイトの管理画面に移動してメニューの「設定」⇒「XML-Sitemap」をクリックして希望する設定を保存します。

2014y12m20d_220131179

ここにサイトマップのURLが表示されますので、このURLをGoogleウェブマスターで検索エンジンに送信します。

2014y12m20d_220906223

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ